東京ゾンビ

コミックスが元とあって
さすがにコミック的。

フジオとミツオは消化器工場で働く
仲良し柔術コンビ。
不法投棄し放題で山になった通称黒富士に
埋められた人々がゾンビになって蘇り
東京を占拠する。
こりゃヤベぇってんでロシアに脱出を試みるが
根がアバウトなため北にむかうどころか
車を南に走らせ喧嘩するフジオとミツオ。

そんな東京でお金持ちは安全に暮らす砦をつくるのだが
それだけでは飽き足らず生き残った人を奴隷にする。
なんつー話しだとお思いでしょうが
まぁそこはマンガの世界。ちょっとトボケた展開になるので
お気楽に見れます。

哀川翔さん、今回も飛ばしてますね。あのヘアスタイル。
ホントにVシネマとか出てたんですか?
コワイオジジを演じてたんですか?
もはや平和の国の人。面白いです、哀川さん。★★★

e0038717_17135411.jpg東京ゾンビ
ちょっと未来の東京。町の片隅の消化器工場で働くアフロのフジオ(浅野忠信)とハゲのミツオ(哀川翔)は、毎日柔術の練習に明け暮れていた。柔術の師としてもミツオを慕うフジオ、そんなフジオをかわいがるミツオ。2人は兄弟のように親友のように、絶対的な関係性で結ばれていた。そんな2人の前に現れたのは、産業廃棄物のゴミ山・黒富士から現れてきたゾンビたち。ゾンビはどんどん増殖し、ついにミツオにまでその牙が・・・・。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-12-03 17:15 | 邦画
<< 見返り美人だったか 私の頭の中の消しゴム >>