私の頭の中の消しゴム

もう勝手に「記憶映画」と
カテゴリをつけていいんじゃないかと思うほど
記憶が消えていく映画ってのは沢山ありますね。
あるいは「泣かせ映画」これはあるか?

病気にならなくても人って結構いろんなこと忘れるもんだ。
脳だとか記憶だとかって不思議で興味深いです。

乱暴で豪快で影もあるけれど優しい野性的な男と
勝ち気でちょっと不安定な所もあるお嬢様。
んもぅヤンなっちゃうくらいアコガレの組み合わせ(?)
衝突がありながらも上手くいきかけていた矢先に
頭ん中の消しゴムが突き落とす。

物事を次々忘れていくってことを
下のお世話など痛い部分まで描いていた。

時々ふと記憶が戻ってきて
ワイルド兄ちゃんに対する想いが
ぶぁーーーっと溢れた所は不覚にもやられました。

愛する人自身が消えたり
自分の存在がその人の中から消えたり
韓国映画は上手いですね。
ペ様のあのドラマも記憶がなくなったんじゃなかったっけ?

ビューティフル・マインドが「足す」とすれば
これは「引く」だなぁとボンヤリ考えてました。★★★☆

e0038717_16323372.jpg私の頭の中の消しゴム
日本のテレビドラマ「Pure Soul~君が僕を忘れても」を基にした韓国映画で、演技派のチョン・ウソンとソン・イェジンが共演。社長令嬢のスジンが、偶然出会った大工のチョルスへの想いを高めていく。父の反対にもめげず、チョルスと結婚したスジンだが、彼女は若年性のアルツハイマーだと宣告される。前半のロマンチックな物語が、中盤から一変。アルツハイマーとなってからの切実な生活まで描く後半は、あまりにも悲劇的だ。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-12-03 16:33 | 海外映画
<< 東京ゾンビ Vフォー・ヴェンデッタ >>