ビューティフル・マインド

ちょっと前に見たのでやや曖昧ですな。
感想を書くのが難しい映画でした。

んむ。
脳の機能については「記憶」が話題豊富だけれど
この映画は「幻覚」。
実際は存在しないものが現れちゃう。
社会の流れと、頭脳の明晰さから
より複雑に周りをも巻き込んでいく。

本人にはリアルだから気づかないし
秘密の任務によって個人の中に閉じこもるし
疑心暗鬼になり現実とのズレの解消を
受け入れられない。

自分の体なのに自分がどうすることもできない。
廃屋が基地に見えるのは想像のはずなんだけれど
五感が自身によって騙されるってことなのか。

家族ができて妻が格闘している場面では
見ていて辛くなった。やりきれない。
でも、この人がいてよかった。
この人の存在はとても大きいだろうな。

これって実話なのか。
辛いままでは終わりません。
人ってすごいね。

「あ!シラス!」って思った人もいるだろうな。
思っちゃったもんな。どうでもいいけど。  ★★★☆

e0038717_1511337.jpgビューティフル・マインド
実在した天才数学者ジョン・ナッシュの絶望と奇跡の半生を描いた、アカデミー賞4部門に輝く感動のヒューマン・ドラマ。監督は名匠ロン・ハワード。ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリーほか出演。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-12-03 15:19 | 海外映画
<< Vフォー・ヴェンデッタ ど久しぶりに >>