ずずずいっと

右に載せている

『人間一生、物見遊山』

ってことばは
杉浦日向子さんの著書「お江戸でござる」の中で書かれていた言葉です。
江戸の人々について
〜 生まれてきたのは、この世をあちこち寄り道しながら
             見物するためだと考えているのです。
  ものに価値をおくのではなく、江戸の人々は、生きている時間を買います。〜

と書かれています。

それは、江戸という街は日常時で火事があり
どれだけ物に執着しても一晩の火事で灰になってしまう。
そんなものはつまらない、という事だそうです。

現在と事情が違うにせよ
かなりグッときた言葉でした。
あの世、この世っていう感覚は
いまいち分からないけれど
今日、浅草を散策して落語を見て
より一層実感しました。

特に江戸を感じる浅草に行ったからかも。

杉浦日向子さんは
渋谷駅前のごちゃまぜの中に江戸を感じるそうです。
このへんの感覚が江戸を愛している人だよなぁと感動。


日常が忙しくなると放置しがちのコレですが
たまに更新したときは
ずずずいっと下の方もスクロールしてみてくだされ。
まとめて更新していたり、していなかったり。
お時間ある方も、無い方も
気ままに覗いてみてください。

お気楽、お気軽にどうぞ
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-10-10 00:08 | 今日のひとしゃべり
<< ハートに火を付けた、憎いあんち... それは、ある日突然に・・・なま落語 >>