RIZE

いやぁ〜スゴいです。
体中から沸き立つ情熱とでもいいましょうか。
どうして黒人さんはあんなにダンスがカッコイイんだろ!
すっごいリズム感です。
あれはもう彼らに与えられた特権のような気がします。
秋葉アイドルを前に一心不乱に踊る
秋葉系男子たちにもパッションを感じますが
一口にダンスといっても、こーまで違うのかっ

パッションて言葉を聞くと
どうしてもおぎやはぎのJACK POTに収録されていた
パッション書道を思い出します。あれは珍しくテンション高め。

話しをもどしますが
彼らの住環境は劣悪。
人が無差別に銃撃されるのを日常的に感じている。
その中でダンスチームが家族のような役割も担っているようだ。
もう突き飛ばされてもモミクチャにされても
全然気にしてない。
むしろトランス状態になって高揚している。タフだぜ。
じゃないとここでは生きていけないんだろうな。

ダンスバトルのシーンはカッコ良かったー
生で見てみたいね。
普段は小さい小屋なのかガレージなのかで踊っているんだけれど
バトルでは会場を貸し切り、大勢の観客が煽る煽る。
ステージで1対1の勝負。
子どもダンスがまぁ〜〜カッコイイ!
街角では2歳くらいの子が既に踊ってるんだから
歴史が違うぜって感じだよなぁ。

バトルの間に事件が起こる。
涙にくれるんだけれど
その土地を離れようとしないし
励ましてくれる仲間に笑顔さえ向ける。
そのチームリーダーがピエロの格好をして
子どもたちと戯れているのなんて
ほんといいなぁと思う。
怒りを体で表現しているって彼らは言う。
抑圧されている状況への反動なんだと。

貧困と銃社会の暗く重い闇をかかえながらも
あれだけカッコイイ自分らの文化をつくりあげている。
平和では生まれないのだろうか。★★★☆

e0038717_0575813.jpgRIZE
「この映画の中のダンスは早回しではありません」と警告するほど、この映画で繰り広げられるクランプダンスは人間の動体視力の限界ギリギリ。一体なぜ彼らは踊るのか。 これはサウスセントラルの社会問題をディープに掘り下げた衝撃シーン続々のドキュメンタリーである。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-09-17 01:00 | 海外映画
<< GEISAI 10 博士の愛した数式 >>