微熱が続いているようだ

土曜に『明日の神話』っていう
岡本太郎さんの壁画を見に行って
4日経つのに、まだ熱を帯びているような感じ。
ホントに熱があるわけじゃないんだけれど
ぽぅっとした興奮が残っていて
それが続いているというか、ん"ーーー

“ほぼ日”でも静かだけど熱い記事がでているので
また熱を帯びるというか、思い出す、じゃないなぁ
何だろ。これは。

土曜日、壁画を見に行ったその足で
オアゾの丸善に寄った。
で、先日記録した本を探しに行ったはずが
違う本を数冊買いました。

読んだのは村上龍さんの蔓延する偽りの希望
エッセイで、多くは日本人性や日本の経済に関する内容。
思えば、村上龍さんの本を読むのは初めてだ。

経済に明るくないので半分は分かってないし
記録自体が1998年〜と古めではあるけれど
普段全く意識してなかった日本人特有の性格を
「庇護社会」で馴れ合いのシステムなんだと読んで
「ふぅ〜〜む・・・」と、うなってしまった。

人生をサバイバルするには努力や訓練が必要だとか
個人という概念が未発達の国に続くところとか
内側にいる一員なので気にしたこともなかったな。
新しい、また違った面が見えた感じ。

余談。この本の解説で上原隆さんが
既にジェフのオシム監督の事を
ほんの少し触れていた。
オシムさん、期待せずにはいられないね。
ちなみに上原隆さんがどなたなのかは知りません。

今の移動友本は杉浦日向子さんのお江戸でござる
以前、NHKの番組でやってたね。面白いよぉ
これを読み終わったら、
もう一冊村上龍さんのを買ったので
読んでみます。

椎名誠さんも、村上龍さんも、今日のラジオでも話題になった
「ブレードランナー」。ほかでも聞いた事がある。
そんな面白いのか?見たことないのでチェックしてみよう。
原作は羊がなんとか言ってたな。
調べた→『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』
難解そうだ。

微熱はいつまで続くのかぁ。ふぃ〜〜
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-07-11 23:37 | 今日のひとしゃべり
<< 喜びも悲しみも幾年月 Be TARO !! 其の1 >>