追い越され 安全戦隊!子レンジャー

散歩も兼ねてちょっと遠いところまで
買い物に出かけた。
すると、後ろからヨロヨロと追い越す
4、5才の運転する子ども自転車が。
並走するように父ちゃん自転車も
追い越していった。

どうやら自転車が乗れるようになったので
公道で練習しようってことらしい。

目の前にはちょっと急な上り坂。
父ちゃんが「思い切ってこげよー」と坂対策。
その先に橋があります。
自分はゆっくり歩いていているのに
ヨロヨロ自転車に追いつきそう。

で、道路を挟んだ反対側の
くず餅屋さんに
「帰り買って帰ろうかなぁ」
「老舗の店構えがいいなぁ」と目を奪われたこと数秒。

ふと元に視線をもどすと
さっきの子ども自転車が
クリンッときれいに約90度の角度で
目の前の道を遮っていた。
「おっ!」
ビックリして思わず後ずさったよ。

もうね、ほんとに きれーいにクリンッと
方向転換したよ。ハンドルがとられたんだね。
右は車道なので右折できません。子、必死。
父ちゃんが「すいません」て言ってくれたけれど
思わず笑っちゃったよ。
坂を登りきると元気よく走っていった。

それは昨日の話し。
今日も面白い子がいた。

生活用品の買い足しに
ドラッグストアに入ろうと店に寄っていくと
タタタッと後ろから足音が。
と同時に
「ちょっと、しつれーい(失礼)」って
3、4才の子が脇をヒューンと走っていった。
ぷふふーっ
店と自分の間には、まだ距離があったけれど
ぶつかる前に一声かける言葉が
「ちょっと、しつれーい」って!
妙に丁寧な感じが可愛らしい。

どっちも、すれ違いざまの出来事だけれど
なんとも記憶に残る一瞬でした。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-06-26 00:07 | 今日のひとしゃべり
<< ラスベガスをやっつけろ 亀は意外と速く泳ぐ >>