おいしい生活

おいしい生活

ウディ・アレンが和室で和服を着て
筆で書いた「おいしい生活」って
文字を掲げている広告がありましたね。
糸井重里さんがコピーを考えられたそうですが
なんの広告だったかなぁ。
(↑西武百貨店だそうです)
この映画に関わりあるんだろうか。

銀行強盗をしようと近くの店舗をかりて
カモフラージュで始めたクッキーの店が
予想以上に繁盛して大金持ちになる。
急に金持ちになったことで起こる
趣味嗜好のズレがポイントかな。

奥さんは社交界へ憧れるけれど
ウディ・アレンはファーストフード大好きだし
金持ちになる前と変わらない。
その中で登場!貴公子(?)ヒュー・グラント。
甘いマスクと教養で奥様を翻弄。

人生いろんな事があるけれど
結末のこれがやっぱ一番だね
と思った映画でした。 ★★★

e0038717_1424861.jpgドリームワークス製作によるウディ・アレン監督・主演作品で、久々にドタバタ色の強い痛快コメディ。元ギャングで一応(?)銀行強盗の経験もあるレイ・ウィンクラー。彼はある日、完璧な計画を思いつく。それは“銀行の近くの空き家を借り、そこから地下にトンネルを掘って金庫に到達する”というもの。が、その借りた空き家でカムフラージュにと妻のフレンチーが始めたクッキー屋が大繁盛する一方、肝心のトンネルは全然進まず……。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-03-26 14:49 | 海外映画
<< 月曜日のユカ 奇人たちの晩餐会 >>