まったく、夢ってやつぁ

「オレぇ・・いつか必ず白馬に乗った王子様になってやるんだ。
 そうだね。長い夢さ・・だけど、、だけどぉオレは、オレを、信じてる」
そして遠くを眩しげに見つめ、てれくさそうに微笑んだ。

んなバカな。そういう夢じゃないですよ。
寝ていて見るそれの話し。




普段は想像もしていない展開を繰り広げてくれるもんです。
今朝方みた夢はセンチメンタルジャーニー。

昔何度かCDショップ行ったり、ご飯食べたり家に行ったり
もう一人いて三人でよく遊んでた友だちがいました。
仲良くなったきっかけも結構珍しい動機で
短期間に集中して遊んでいたなぁ。
濃い出来事だった。

いつでも連絡取れると思っているうちに
自分の狭い世界でバタバタと忙しくなり
二人と自然に疎遠になっていったのです。

そのまま上京してしまい
もう連絡がつきません。

随分、時間が経つんだけれど
ふとしたときに
「あの人どうしてるかなぁ」と思い出す。

で、昨日の夢にそのうちの一人が出て来て
内容も印象的だったので
目が覚めた時、とても切なくなった。
あの人はどうしているだろ

往々にして、夢に出て来たときは
その人だけれどその人じゃなく
自分に都合いいように登場します。
思い出してみると、夢にみたような人じゃないんだけれど
『その人』なので会いたくなったよ。
知り合ってから、ほんとに短い間だったなぁとか
あんなことがあったなぁ、とか

忘れていたのに思い出すなんてねぇ
たぶんウルフルズを聞いたからだ。
トータスさんに似ているねって話したことがあったのです。
性格は随分違うと思うけれどね。
トータス松本さんと山崎まさよしさんに似ていると言われていたな・・んー

そして2月は一年のうち一番センチメンタルになりがち。
なぜなら一番寒いから・・・

もう会えないだろうけれど
二人が元気で過ごしているといいなぁと思います

たかだか夢なのにねぇ、まいったよ
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-02-08 23:36 | 今日のひとしゃべり
<< 歯がそろう iTunes おっとぉ!! >>