さよなら、さよならハリウッド

さよなら、さよならハリウッド

かわいい困り者の映画監督が
トラブルを巻き起こしつつ
映画を作っていくって感じか。

エリーと製作の打ち合わせのためにバーで話すシーン。
エリーに対する腹立たしさと映画の話しが
なんども入れ替わるところは
あまりに早いので思わず笑ってしまった。
映画の話しをしていたのに突然火がついたように
怒りをぶつけたかと思ったら
映画の情熱を語る。頭の中でスイッチが
右、左、右、左と切り替わっているみたい。

「また病気をつくったのかよー」って
色んな人がいうのが可愛かったな。
「立ち枯れ病は木の病気よ」って。むふふ。

あと、アメリカとフランスの映画の評価が逆ってのも
あぁそうなんだろうなぁ。

音楽も軽快でオッチョコチョイな感じがいい。
ビデオジャケットのイラストみたいに
ユーモアに溢れていて可愛らしい映画でした。  ★★★★


e0038717_13373570.jpgアカデミー賞に2度も輝きながら、すっかり落ち目になった映画監督のヴァル(ウディ・アレン)は、メジャー・スタジオの話題作の監督に抜擢(ばってき)される。しかしクランクインを控えた夜、ヴァルは心因性の失明状態に落ちいってしまう。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-01-15 13:44 | 海外映画
<< グイグイ引き込まれる 宗方姉妹 >>