名前のインパクト

もー昭和ってホント面白いです。
そして昨日も少し触れましたが
名前って、ぼんやりした存在から
くっきりと形が見えてきて近く感じる要素だと思うのです。

そこで唐突にこの歌!




♪♪おーい中村君♪♪

♪おーい 中村君っ
ちょいとまちたまえぇ〜〜
いかに新婚 ほやほやだとてー
伝書鳩でもあるまいものを
昔なじみの ふたりじゃないか
たまにゃつきあえ
いいじゃないか 中村君〜〜

おーい 中村君っ
そりゃつれなかろ
入社当時は いつでも一緒
くぐりなれてた 横丁ののれん
可愛いえくぼの 看板娘
噂してるぜ
いいじゃないか 中村君

おーい 中村君
心配するなぁ
どうせなれてる 貧乏くじにゃ
みんなこっちが 悪者ですと
詫(わび)の言葉は まかせておきな
おくってゆくから
いいじゃないか 中村君〜〜〜♪♪♪


どうですか、この一言一句!
「ほやほやだとて」「伝書鳩でもあるまいものを」!!
「噂してるぜ」
・・・・・ぶふふ〜〜〜っっ!!腹がよじれます
この歌っている本人と中村君の距離感。

上司なのか分かりませんが
ニッコニコな顔で、もー中村君が大好きで
一緒に飲みたくてしかたない。
一方、中村君は新婚で家にはカワイイ妻が待っているから
困惑顔で必死に断っている。ちょっと迷惑。
いい人なんだけどなぁ、なんて
歌ってる本人全く気にしてない。
「とにかくっ中村君、飲もうよぉ〜〜。」

曲もすごく浮かれた感じで最高です。
「みんなこっちが 悪者ですと
 詫(わび)の言葉は まかせておきな」って言われてもねぇ

もし中村君が「君」とか「おい」とかだったら
これほど情景が見えてこないだろうな。

全国の中村さん。お友達に覚えてもらってはどうでしょう。
名前を身近な友だちの名前に変えるのもアリですねー
ほかの面白昭和歌謡曲の歌詞は
9/13blog
を覗いてください。まいります。

青春歌年鑑 50年代総集編
オムニバス 笠置シヅ子 並木路子 霧島昇 藤山一郎 奈良光枝 高峰秀子 灰田勝彦 市丸 / コロムビアミュージックエンタテインメント
[PR]
by ukigumo-kaza | 2006-01-10 23:56 | 音楽
<< きょうは 家政婦は見た!っていう >>