ブロードウェイと銃弾

ブロードウェイと銃弾

はじめ突発的にいろんな展開が始まります。
途中から思いも寄らぬ方向に
どんどん話しが流れていくのです。
そこからがとても面白くなってきました。

キーパーソンは女優の見張り役。
あの人は女優・・女優?
この見張り役の人がいなくちゃ
この映画は成り立ちません。
あと大物女優の演出家に対する口調が
演劇がかっていて笑える。  ★★★☆

e0038717_042177.jpg20年代のブロードウェイの芝居をめぐって、それに絡んだ様々な人間模様を描いた舞台劇。主人公のデビットは若い劇作家。新作の上演が決まったまではよかったが、彼には次々と思いがけない問題が降りかかる。ギャングの顔役に演技力ゼロのショーガールを押しつけられ、主演女優をめぐる三角関係の愛に悩み、脚本のリライト騒動がおき、やがて殺人事件にも巻き込まれていく……。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-12-31 00:05 | 海外映画
<< 妻として女として やっと・・・やっと・・・(感涙) >>