くたばれ!ハリウッド

くたばれ!ハリウッド

ひとりの映画プロデューサーの
激動に満ちた人生って感じか。
これって本でいう私小説のようなもんだろうか。
ロバート・エヴァンスって人を知らないので
よく分からないが
映像のつくりが本人が関わった映画の名シーンなんかも
ストップモーション式で展開されていくし
ゴッド・ファーザーの仕掛け役ってことも
ジャケットに書いてあったな。

んーー。パラマウントっていう会社とともに
渦に巻き込まれている感じだ。

映画は監督や出演者にスポットライトがあてられ
影の仕掛け人のことなんて一般には分からない。
資本家をはじめ映画を作るために必要な人々を
説得し納得させる。プレゼン能力がスゴい。
あれだけやっても実らないで衝突が起きたりもする。

脚本が映画の命だって こだわっていたから
もしかしたら、この映画もきちんと作り上げられたものかも。
きちんとってのは、私小説のようにリアルに見えるように作られた
完全フィクションかもってことです。

映像がストップモーションで平面的に見せたり
サイケデリックな感じが凝っていて
主観的な語りで進んでいく話しに
抑揚を感じました。    ★★★

フェリーニの『8 1/2』をウッスラ思い出させる映画だったな。

新作で『さよなら、さよならハリウッド』ってあった。
大きな声では言えませんが、どっち見ようか悩んだよ。
内容は全然違うと思います。


e0038717_23311623.jpgロバート・エヴァンスは1930年、ニューヨークで生まれ、後に兄と共同経営していたアパレル・メーカーの成功により、若くして巨万の富を築く。ある日、彼は仕事でロスに滞在中、ビバリーヒルズホテルで大物女優ノーマ・シアラーに見出される。これが人生の転機となったエヴァンスは、俳優として映画界に進出するもプロデューサー業の方に興味を持ち始め、まだ30代の時にパラマウントの製作トップに抜擢。「ローズマリーの赤ちゃん」や「ある愛の詩」などヒット作を世に送り出し、パラマウントを倒産の危機から救い出すのだが…
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-12-15 23:36 | 海外映画
<< もいっちょ 電波受信犬 >>