恋のためらい

恋のためらい

バンダナ巻きパチーノのラブストーリー。
ミシェル・ファイファーってこの人だったんだ。
名前だけは聞いた事がありました。

はじめパチーノ演じるジョニー
おいおい誰でもいいのか?と思った。
ミシェル・ファイファー演じるフランキーが
博識だったので突然トキメイた感じ?
フランキーは いつも眉間にシワ寄ってそうな堅い無表情が多く
ちょっと感情移入しにくかったかな・・・
そうなる原因もあるのですが。
恋をして、その相手から好きって言われたら
もし気持ちを押さえなきゃいけない理由があったとしても
それを越えて表情がパァッと明るくなったり
笑顔が増えたり嬉しくてしかたなくなるのがいい。
ですが、フランキーは更に無理矢理気持ちを固くして反発するので
ギューーっと窮屈に感じた。
しかし、何でもかんでもウマく行くってわけじゃなく
違う過去を持った人と人が真剣に本音をぶつけあって
衝突するのは現実的なのかも。

とはいえ、今までみたパチーノと違い
おちゃめなところがよかったです。
押しが強かったですね   ★★★

e0038717_1863093.jpg刑務所から出所したばかりのジョニーはカフェレストランのコックの職を得るが、そこでウェイトレスのフランキーに一目惚れしてしまう。しかし、ジョニーの想いにフランキーの態度は固い。男性関係で辛い経験のある彼女は、臆病になっていたのだ……。「プリティ・ウーマン」の G・マーシャルが、アル・パチーノとミシェル・ファイファー主演で、互いに過去に傷を持つ二人の男女の恋を描いた大人のラブ・ロマンス。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-11-27 18:29 | 海外映画
<< 女が階段を上がる時 山口晃展 >>