バロン

バロン

ジャケットを見て面白そうなので
借りました。
ファンタジーなのですが
ちょっと前に見たカレル・ゼマンの
『ほら男爵の冒険』(10/10blog参照)に少し似ているかも。
月にいくところとか、砲弾に乗って往復するところとか。
だからといって面白くないわけではありません。

なんと言ってもすべてのモノが大掛かりで
すごく凝っているし、見せ方もユニーク。
洒落もきいていてアニメーションを実写にしたかんじなのですが
不自然さもなく、全く引けをとりません。
モンティ・パイソンのキャストが出演とあって
ユーモアも満載だし、とても楽しめましたよ。

また「おっ」と思ったのが
ユマ・サーマンが出ていたこと。
ボッティチェリが描いた「ビーナスの誕生」って絵の
ビーナスを模した姿で登場。
特にファンと言うわけではないので
彼女が出ていたから借りたんじゃないのですが
一緒に借りたペイチェックにも出ていたし
最近は予想外に
ちっさいちっさい偶然が重なるなぁ
なんて驚いていますよ。
それ以外に全くなんの影響もありませんが。

それはさておき、昨今のファンタジーに負けないくらい
手が込んでいて面白かったです。  ★★★★



e0038717_1620336.jpg『ほら男爵の冒険』として知られる、ミュンヒハウゼン男爵の奇想天外な活躍を描いたファンタジー。T・ギリアム、E・アイドルといった“モンティ・パイソン”シリーズの面々が、シュールなギャグに乗せておくる。中世のドイツ、少女にせがまれた男爵が、襲い来るトルコ軍を撃退するために、昔の仲間を探しに旅立つ……。
 ↑あ!やっぱり「ほら男爵の冒険」と関係あったんだ!ひゃ〜
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-11-20 16:28 | 海外映画
<< 透き通った月だ 好きはリンクしている >>