ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー

話題作というのでかりました。
あまりレビューを読まないようにしていたのですが
ガールズボクシングのサクセスストーリーじゃなく
人の愛が描かれていて、意外性があったという記事を
見てどんな映画かなと。
アカデミー賞もたくさん受賞したんですよね。
どなたの記事だったでしょうかね。

ビデオジャケットやポスターも
ガールズボクシングに夢を馳せている感じで
オジィジが教えて強くなってチャンピオン!!か?
そこから師弟愛が生まれるのか?
歳の差カップル誕生か?ってのが見る前の印象です。

見た直後は、救いようのない展開に涙が止まらくなって
辛くてしかたありませんでした。
自分が苦手とするジャンルです。ダメだなぁこういうの。
たぶん二度は見れないでしょう。
しかし、途中で見るのを止めなかったってのも
辛い映画だけど良かったってことなのかね。んー
主演女優さんの活き活きした感じから
終わりの変化までリアルでしたね。
モーガン・フリーマンが第三者の目で
二人を語っていくので(手紙)
ちょっと距離ができたのがよかったです。★★★

e0038717_10382716.jpgロサンゼルスで古いボクシングジムを営むフランキー(クリント・イーストウッド)は、タイトルマッチに挑戦寸前で、唯一の金のたまごでもある選手によそのジムに移籍され意気消沈していた。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-11-06 10:47 | 海外映画
<< あ"ー、風邪ひいちまった 北斎展 >>