第三の男

第三の男

夏によくCMでながれていたビール『モルツ』だか『エビス』で
おなじみの曲がサントラだった。
軽快なギターで♪♪チャンラランララン、ララン、チャン♪♪
「ちょっと贅沢なビ〜ルぅ」とかいって。
シリアスな場面でもこの軽い音楽が
テンポを変えてかかったりするので
サラッと見れたかんじ。
人が殺されるシーンも、人の表情で暗喩して
実際にその現場は映さない。

興味深かったのは
看護婦さんの服装マンホールの入口の形
看護婦さんの帽子が大きくて
形のイメージは神前結婚式で
花嫁さんがかぶる角隠しみたいな感じかな。
それよりハチが大きくて飾りはないですよ。
ん〜〜分かるかなぁ
マンホールの入口は、想像するに
六角形、八角形で中心から花が咲くみたいに
パカパカっと三角のふたを広げていくかんじ。
今は円形ですよね
地下におりれば開放感のある空間があり
迷路のように通路がはり巡らされていて
そりゃぁ、捕り物劇を繰り広げるには
もってこいのステージです。

そして最後、遠近のかかった真っすぐな
枯れ葉の舞う並木道を
遠くから女優が歩いてきて
画面左に“まぬけな名前”の男が待っている。
女、憮然とした表情で通り過ぎる
男、声かけられず見送ってしまう。ってところ
おぉ〜っやられたっ なんかいい


モノクロのを利用した画面もいい味だしてたなぁ
ストーリー的には
今では推理小説で結構ベタな展開かもしれません。 ★★★☆

e0038717_2348922.jpg第二次大戦後のウィーン。親友のハリー・ライムの招きでこの街を訪れた作家のマーチンは、到着早々、ハリーが死亡したことを知らされる。ハリーの死には三人の男が立ち会っていたと言うのだが、その三番目の男の正体を追って、マーチンは独自の調査を開始する。陰影や構図を凝らしたサスペンス・スリラー。同名のTVシリーズ(主演マイケル・レニー)も製作されている。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-10-21 23:51 | 海外映画
<< ヒゲのおいらん よう揺れる >>