トイレット

ちょいと前に観た作品

もどかしさを覚えながらも
徐々に互いを受け入れていって
緩やかに回復していくって感じの話だったかな

ストーリーよりもBGMにつかわれている音楽とか
次男が演奏するクラシックの曲がとても良かったなー

ベートーベンの“Sonata no.21 in C Major,Op.53”は
聞いてて小走りしたくなっちゃうような
ちょっとウキウキしてくるような・・・


もたいまさこさんの存在感で和んだな ★★★


e0038717_029135.jpgトイレット
それぞれに問題だらけでバラバラな3兄妹と、日本からやって来た英語の通じない祖母“ばーちゃん”が繰り広げる奇妙な共同生活をユーモラスに描く。荻上作品の常連もたいまさこが不思議で謎めいたばーちゃんを独特のたたずまいで好演。引きこもりでピアニストの兄モーリー、厭世的でプラモデルオタクの弟レイ、勝ち気な大学生の妹リサの3兄妹。それぞれ好き勝手に生きてきた彼らも、母親を亡くしたことを機に彼女の遺した実家で同居することに。さらにそこには、猫のセンセー、そして母が亡くなる直前に日本から呼び寄せた3兄妹の謎多き祖母“ばーちゃん”もいた…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2011-07-10 00:33 | 邦画
<< ソーシャル・ネットワーク 若草の萌えるころ >>