ペーパームーン

ぺーパームーン

古いですねぇ でも'73年?
詐欺まがいの聖書売りモーゼと
タバコをふかすY脚ぎみの少女アディの珍道中ってかんじか。
とってもカワイイし、ちょっと泣ける映画。

アディは男の子に間違えられるために
途中、ギンガムチェックのリボンを買ってもらうのですが
頭につけて オーバーオールで仁王立ちしてる姿は
すごくカワイー。しかめっ面。
あとトイレで香水をバッシャバシャふって
翌日モーゼが匂いのキツさで車の窓を
開けるところも かわいいなぁ。

この子は知恵者で
モーゼを虜にした踊り子を引き離すために
踊り子のお手伝いさんをうまく味方にして策を練る。
裕福な家と貧しい家を玄関先で判断して
せしめる額を瞬時に計算したり。聡い子じゃの。

最後小さいトランクをヒラヒラさせて
遠くから走ってくる姿は健気で何とも言えません。

↓ビデオジャケットの写真が いー感じです。  ★★★★☆

e0038717_14444842.jpg聖書を売り付けて小金を稼ぐ詐欺師のモーゼが、亡くなった知り合いの娘アディと出会う。彼は嫌々ながら彼女を親戚の家まで送り届ける事になったが、ペテンの相棒としてアディと旅を続けるうち、モーゼは父親めいた愛情を感じていく……。モノクロの映像が30年代の雰囲気を巧みに伝える、心温まるロード・ムービー。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-10-08 14:47 | 海外映画
<< 芸術の秋雨前線 ヘヴン >>