ヘヴン

へヴン

コーヒー&シガレッツ
ケイト・ブランシェットが素敵だったので
主演しているこの作品を借りました。
以前、友人がホテルビーナスと共に
薦めてくれていたのですが
重そうだったので
ちょっと、ためらっていたんだよなぁ。
ホテルビーナスは意外によかったです。

笑わないケイトっ予測はしていましたが
笑顔が見たかったわぁ。
ストーリー的には、生涯に一度あるかってくらい
愛する人ができてよかったね。と思うのですが
二人がやった事には、賛成できませんっ

最後は見ている人に想像をお任せしますって感じ。
あぁヘヴンね。と漠然としています。

ところどころカメラアングルが凝っていて
アート的でよかったです。
空撮用のカメラは 強風にも流されず
均衡を保って クリアな画像が撮れるんだって。へぇ〜
映画中に空撮映像があると
空を飛んでいる感覚になって気持ちいいよね。鳥気分

ところでケイト・ブランシェットさん
劇中に丸刈りになるのですが
同時にデミ・ムーアもなってたなぁと思い出しました。
最近ではナタリー・ポートマンが
レッドカーペットを坊主頭で歩いていましたね。
マルガリーマンの流行はハリウッド級か。
しかも女子。ハイ、違うね。
映画のために坊主も厭わない。カッコエーです。

ちなみにケイトの相手役の人ですが
この人見た事あるわぁと思っていたら、分かりました。
フレンズってドラマの登場人物に
フィービーっているのですが、その弟役だった人だ。
親子ほど歳上の奥さんと子どもを望むのですが
子を生むにはちょっと無理。
そこでフィービーに代理母をお願いするっていう
トンだ弟を演じていましたねぇ。   ★★★

e0038717_1211378.jpgイタリア・トリノ。英語教師のフィリッパは高層ビルに忍び込み時限爆弾を仕掛けた。彼女の目的は一人の男を殺すこと。彼女の愛する夫を死に至らしめ、大切な教え子たちを不幸へと導いた麻薬密売人。これまで、男を逮捕するよう警察に訴え続けたが相手にされず、自ら行動に出たのだった。犯行後、彼女は抵抗することもなく警察に逮捕される。ここまでは予定通りのはずだった。ところが、尋問中、彼女は男が死を免れ罪なき4人が犠牲になったことを知らされる。ショックで失神するフィリッパ。その時、刑務官のフィリッポが彼女の身体を優しく受け止めた…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-10-08 12:14 | 海外映画
<< ペーパームーン 最後の恋のはじめ方 >>