アリス・イン・ワンダーランド

ファンタジーのためにあるなぁ
ティム・バートンのカラー。
CGアニメで、表現できる世界が
グッと広かって嬉しい!って感じの作品。

CGと実写の融合が
ストーリーはもとより
映像をガッツリ楽しませる映画だったなぁ。

ジョニー・デップの役は
あまりにも奇抜な風貌だったから
悪役だと思ってたな。★★★☆

e0038717_04195.jpgアリス・イン・ワンダーランド
ティム・バートン×ジョニー・デップの鉄板タッグで贈る、摩訶不思議なファンタジー。『不思議の国のアリス』のヒロイン、アリスが19歳に成長し、再び“ワンダーランド”で冒険を繰り広げていく。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-08-14 00:05 | 海外映画
<< 借りぐらしのアリエッティ ぐるりのこと。 >>