かいじゅうたちのいるところ

でっかいかいじゅうが
ぼーーんっどかーーんっ
ぶん投げられたり、飛びかかったり。
かいじゅうには
かいじゅう世界のオキマリがあるんだねぇ。
人間世界では支離滅裂。

大人があの世界に行ったら
きっと食べられちゃってるな。
子どものあの子だから
生きて帰れただけじゃなく
彼らを受け入れて友達になったんだろうな。
(なりきれてなかったかな?)

なんだか、かいじゅうたちに入り込めなかったなぁ。

これって児童書が原作なんだよね。
時に嘘をつくことだって
よくも悪くも
生きる上では大切です。って言ってる気がする。★★★

e0038717_23145663.jpg
マックスは8歳になる男の子。
ある晩、ママに怒られて、泣きながら家を飛び出した。
通りを抜け、林を抜け、気がつけば見知らぬ浜辺。マックスは目の前にあったボートに飛び乗り、ひとりで海へ漕ぎ出した。荒れ狂う波を潜り抜け、やがてボートはひとつの島にたどり着く。島の奥へと入っていくと、そこにいたのは・・・見たこともない大きな体のかいじゅうたち!マックスを食べようとするかいじゅうたちに、マックスはとっさに嘘をつく。

[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-07-25 23:19 | 海外映画
<< 気狂いピエロ Dr.パルナサスの鏡 >>