Dr.パルナサスの鏡

どうでもいいことですけどね、
Dr.モンパルナスの鏡って言っちゃうよね。
パルナサスね。

大人のおとぎ話。
もぅ、ハッピーエンドなのかアンハッピーエンドなのか。
パルナサスはいったい何者なのか。

驚いたのは
ストーリーよりも
あれ?この人ヒース・レジャー?
ジョニー・デップ?
この眉毛の太い彼は・・・
一人の人物を幻想世界に入ることで
別人になっちゃったという設定、
まったく不自然に感じなかったなぁ。
むしろ色んな人が出てて楽しめたというか。
苦肉の策みたいなことらしいけれど。

人の煩悩をあぶり出す作品。
ところどころ日本びいきな感じを受けて
ありがたいやら、なんか違う日本だなぁ、やら。

海外版江戸川乱歩なのかエドガー・アランポーなのか。
ファンタジーと怪奇は紙一重。★★★★

e0038717_22495087.jpgDr.パルナサスの鏡
2007年、ロンドン。パルナサス博士が率いる旅芸人の一座が街にやってきた。博士の出し物は、人が密かに心に隠し持つ欲望の世界を、鏡の向こうで形にして見せる「イマジナリウム」。博士の鏡をくぐりぬけると、そこにはどんな願いも叶う摩訶不思議な迷宮が待っている。しかし、1000歳になるという博士には、悲しい秘密があった。それは、たった一人の娘が16歳になったときに悪魔に差し出すという約束をしたこと。タイムリミットは、3日後に迫った娘の誕生日。一座に加わった記憶喪失の青年トニーとともに、博士は、鏡の迷宮で最後の賭けに出る。彼らは、娘を守ることができるのか?

[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-07-25 23:05 | 海外映画
<< かいじゅうたちのいるところ スラムドッグ$ミリオネア >>