つみきのいえ

「カールじいさんの空飛ぶ家」と
ペアで届いたのがこの作品。

じいさんの家、CGハリウッド VS ハンドメイド日本 か?
他にも優先的な映画を予約リストに入れてあるのですが
あえてこの2作品を組み合わせてくれたんでしょうね。
TSUTAYAディスカス、合わせなくていいから。

とはいえ、この作品は短いながらも
やはり妻への愛が伝わってきて
とてもステキな作品でした。

手作りの暖かみもあるし
静かな穏やかな間がある雰囲気は
とても日本的なんじゃないかと。
コマ撮りアニメ大好き。たまらん。

こういうコマ撮りアニメの雰囲気って
割と決まっているのかな、とも思った。
BGMとかナレーションの有無とか、
ストーリーや画風は違っていても
この手法でつくったアニメは
こういう感じじゃなきゃダメなんだ、というような。

セルアニメ(今もあるのか?)とか
3DアニメのBGMとは
一線を画してるけれど
でも、作家は違っても
印象がこんな感じなんだよな。お金の関係もあるのかな。







適当に集めてみましたが
やはり独特の、でも何となく共通した雰囲気。

お気に入りのパイプを取りに
海に潜っていくと
思い出の部屋を家族の歴史を遡るのと比例する感じで
通り過ぎて行くんだよね。
実家を離れて暮らしているので
ちょっと親に会いたくなったな。★★★★☆
時間が短い作品であるにもかかわらず
CGハリウッド VS ハンドメイド日本  において
まったく引けをとらない映画でした。

e0038717_21295371.jpgつみきのいえ
まるで「積み木」のような家。海面が、どんどん上がってくるので、家を上へ上へと「建て増し」続けてきました。そんな家に住んでいるおじいさんの、家族との思い出の物語。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-06-19 21:38 | 邦画
<< 晩春 カールじいさんの空飛ぶ家 >>