カールじいさんの空飛ぶ家

1ヶ月以上も更新してなかったのか!!!

ド・久しぶりでございます。
ゴ・無沙汰しておりました。
オ・元気でしたか?
そうですか。それは何より。

このところ、「つぶやき」でさえ
一言も発していないしだい。

て、ことで
カールじいさんですよ。
「カールじいさん」って言や
日本で生まれ育った人としては
あの、カルビーのサクサクおやつ。
あっちはオジさんでしたか。

もうね、借りたのは随分前ですが
何回も観たくなりました。
子どもとジイちゃんと動物の友情ってのは
けっこう鉄板的に感動する組み合わせですが
愛を一人だけに捧げたという部分でも
グッときたのであります。
や、子どもや動物にも
愛情を感じているんですが
一人の伴侶にってことですよ。グルグル(頭がyaya混乱)

悪役が、かつてのアコガレだった人ってのは
哀しいものですが
割と現実にもある気がしたな。
実際会ってみたら、違ったな。ってのが。
勝手に理想化したのはアンタでしょって言われりゃ
そうなんですけどねー。
イメージ戦略をマルッと信じちゃった
ピュアさっていうんですか?

悪役との戦いがメインではなく
物語のスパイスとしてで
それを含めたさまざまな
若干ドジな困難に遭って
果たして妻との約束が
無事叶えられるのかってのが
柱になているわけです。

笑いあり、涙あり、感動ありで
大人の心もキュンとさせるアニメなんて
とても素敵じゃないか、と思いました。

鳥と犬らが可笑しかったなぁ。
子どもがアジア系だったのも
なんだか良かった。★★★★☆

e0038717_20191546.jpgカールじいさんの空飛ぶ家
カール・フレドリクセンは78歳のおじいさん。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まった家で、一人きりで暮らしていた。
ある日、カールはトラブルを起こし、老人ホームに強制収容されることに。その時、彼はエリーとの「いつか南米を冒険しよう」という約束を果たすため、人生最初で最後の冒険の旅に出ることを決意する。そ

[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-06-19 20:27 | 海外映画
<< つみきのいえ ウルヴァリン >>