東南角部屋二階の女

この二人が共演したら
どんな雰囲気になるんだろう、と思っていたら
そんな映画が既にありました。
西島秀俊さんと加瀬亮さんです。

登場人物の個性が役者の人たちにピッタリ。
はじめてみる、モデルっぽい女の子が
感じも声も可愛らしかった。

和室で日当たりのいい部屋っていいなぁ。気持ちいい。
前住んでたぼろアパートは和室で広かったけれど
隣の話し声がだだ漏れで
こんな家もあるんだ!とかなり衝撃的だった。
壁がベニヤみたいだったんだよねぇ。
隣が引っ越して行って
部屋のクリーニングがあったとき
壁の下から隣の明かりが漏れていた!!!!!
そんなことってあるー?
壁が薄いにもほどがあるだろう。な部屋。
なので古いアパートは雰囲気があっていいなぁと思う反面
音問題が無ければなぁ・・・と思い出しながらみてました。

この映画みたいに、穏やかな人が住んでたら
また違うのかもしれない。★★★★


e0038717_16104326.jpg東南角部屋二階の女
死んだ父親の借金を背負い、古アパートが建つ祖父の土地を売ろうとした僕。理不尽な仕事から逃れようと突発的に会社を辞めてしまった後輩。フリーの仕事もままならず、結婚でその不安を解消しようとする彼女。社会のどこにも属することなく、不安と焦りを抱えながら、偶然取り壊し寸前のアパートに集まった3 人。やがて、近くにある確かなものを見逃してきた彼らに、手にしたものも、失ったものも、愛おしく心の片隅に置くことで生きてきた人生の先輩たちとの出会いが訪れる…。

↑あ、父ちゃん逃げてるのかと思ってた。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-04-24 16:42 | 邦画
<< 東京物語 ジャージの二人 >>