ジャージの二人

もう期間があきすぎて
何の映画をみたのか忘れてきています。
そういうことがないようにとブログつけているはずなのに
レンタルの履歴をみて「あぁ、そうだった。これみてた」と思う。

ジャージの二人は親子なんだけれど
なんだろう、友達っぽい距離感というか
よそよそしすぎない他人行儀。

堺雅人さんのニコニコ笑顔でみていてほのぼのしてくる。
ちょっと頑固なところもあったりして。
奥さんがなぜそういうことをしたのか
もともとの原因が分からないけれど
頑になるのも無理ないな。

登場人物がみんなどこか浮世離れしている感じって
こういう'ちょっとオシャレ邦画'によくある。
ちょっと日常と違う、ありそでない世界。

ジャージの人数が変わるのが可笑しかったなぁ。
自分だったら喜んで着ちゃうけど
そういう人はこの仲間には入れない気がする。★★★★

e0038717_15585560.jpgジャージの二人
会社を辞めたばかりの息子(32歳)が、グラビアカメラマンの父(54歳)に誘われ、避暑地・北軽井沢の山荘で過ごす夏休み。二人は、亡き祖母が集めてきた古着のジャージを着て、ゆったりとした時間の流れに身をゆだねる。だが、東京では息子の妻がよその男と恋愛中、父は3度目の結婚も黄色信号と、それぞれ抱える悩みがあった。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-04-24 16:01 | 邦画
<< 東南角部屋二階の女 ぼくの伯父さんの休暇 >>