ソウル・オブ・マン

ヴィム・ヴェンダース監督作品。

1920年代から60年代のブルースシンガーのドキュメンタリー。
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のブルース版かな。
オリジナルの映像と
現在のミュージシャンが彼らの曲をカバーした映像が交互に流れる。
BECKも歌っていた。

1977年、NASAが打ち上げたボイジャーには
地球外生命体と遭遇したときのために
50カ国の言葉と色んな音が録音されたレコードが積まれていたそうだ。
そのレコードの中には音楽も収録されていて
この映画の登場人物の歌もはいっている。

'60年とかって日本だと敗戦後で
国を立て直そうと必死になっていたときで
一方、戦争に勝ったアメリカは裕福になっていたかというと
けしてそうではなかったんだなぁ。
先日観た「ランド・オブ・プレンティ」でも
ベトナム戦争のことがでてきたけれど
この映画でも当時アメリカは国民そっちのけで
明け暮れていたベトナム戦争によって
苦しむ人々の姿があった。
アメリカがまったくどの国の諍いにも参加せず
戦争を終わらせて少なくとも自国民を苦しみから
解放するときはくるのだろうか。★★★☆


e0038717_14332726.jpgソウル・オブ・マン
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』でキューバ音楽ブームの火付け役ともなったヴィム・ベンダース監督が、再び音楽に生きる人々の人生を魅せたドキュメンタリー。スキップ・ジェイムスやJ.B.ルノアーら、伝説のブルースマンの人生を綴る。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2010-02-28 15:45 | 海外映画
<< パリ空港の人々 ハメット >>