さすらい

ヴィム・ヴェンダース監督のロードムービー。

モノクロで2時間半と長い作品です。ドイツ映画。

街から街へ映画を配給・・・ではないよなぁ。
配給ではなくて、手伝い?
映写技師で映画館をデッカいワゴンで渡り歩く途中
目の前を川へ向かって暴走する軽自動車が現れる。
車は川へ滑り込み、中から脱出してきた男と
ワゴンでなんとなく旅する事に。

「旅は道連れ 世は情け」って映画かな。

映写技師の巡る場所場所で
新たな人と出会い、ちょっとした事件が起こるのだが。

2人の男は女性に対して異なる問題を抱えている。
別れても一人を愛する男と
一人を愛せない男。

“下”に関する場面がチョイチョイあって
ボカシがかかっているけれど、ちょっとビックリする。

長くて、派手な盛り上がりも無いので
ぼんやりリラックスします。
人によっては途中で止めちゃうかも。
しかし、見終わったあと
なんとなく心地よい感覚が残って
好きな感じだったな。
ヴィム・ヴェンダース監督だから贔屓目で見ているのかも。★★★★

e0038717_22554642.jpgさすらい
ロードムービーの雄、ヴィム・ヴェンダース監督による人間ドラマ。大型ワゴンに乗り、映画館のフィルム運びや映写機調整の仕事をして生活するブルーノ。ある日、彼は空のトランク片手に旅をしているロベルトに出会い…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-12-12 22:59 | 海外映画
<< めし THIS IS IT >>