画家と庭師とカンパーニュ

歳を経て再び出会った同級生の友情物語。

一方はお金持ちの画家
もう一方は国鉄を退職した庭師。
昔一緒にいたずらをした記憶とともに
懐かしさと楽しさが蘇り、
一気に大切な友人へなっていった二人。

互いを思いやる感じがとても素敵なのだ。
オジジたちの呑気な友情物語だけではなく
転機が起こるのだが、
それもこの映画ではグッとくる要素になっている。
グッとというかギュッと。★★★★☆

庭師の人がトニー・ラズロさんに似ていた。

e0038717_12444267.jpg画家と庭師とカンパーニュ
都会生活に疲れ果て生まれ故郷で田舎暮らしを始めた中年の画家。何年も放置された庭を手入れするため庭師を雇うことに。その求人広告を見てやって来たのは、なんと小学校時代の同級生だった。仕事への情熱を失い、離婚調停中の画家とは対照的に、地元に腰を落ち着け、勤めていた国鉄を退職し、念願の庭師の仕事を始めた彼は、愛する家族たちと慎ましくも満ち足りた生活を送っていた。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-27 12:56 | 海外映画
<< ぼくの大切なともだち トニー滝谷 >>