ストレイト・ストーリー

実話を元につくられた映画だそうだ。

体も弱くなって車も運転できないのに
遠くに住む、長らく喧嘩別れしていた兄が倒れたと聞き
娘の心配や近所の人の反対をよそに
トラクターを改良して見舞いに向かう。

遠い道のりを何ヶ月もかけてトクトクと向かうのだ。
ジィジッ!! もぅ胸がギュンギュンくる。

道中で色んな人に出会う。
家出をした若い女の子には
説教するのではなく穏やかに話をし
途中トラクターが故障して助けてもらえば
断固自力で到着するのだという強い意志でもって
遠慮しつつ感謝し
人々の心に何かを残していく。

故障したトラクターの
修理代を穏やかな物腰で
しかし説得力があるやりかたで交渉したり
まだまだ若い者には負けてない。

行きはよいよい帰りは怖い、で
帰りどうしたんだろう?と思い検索してみたら
トラクターで戻ったんだそうです。ひゃ〜〜無事でよかったなぁ。
何が大事で何をするべきか分かってるって
人を強くするんだなぁと思った。

また観たくなる映画。★★★★★

e0038717_11414196.jpgストレイト・ストーリー
アルヴィンは、娘と2人暮らしの老人である。その彼のもとに兄が心臓発作で倒れたと連絡が入り、彼は時速8キロのポンコツトラクターで、兄のもとへと向かう。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-27 11:49 | 海外映画
<< マンマ・ミーア! ベッドタイム・ストーリー >>