ベッドタイム・ストーリー

甥と姪をあずかる事になり
寝かしつけるために物語を作っていくと
想像上の話だったはずなのに
現実にも同じような出来事が起こっていく、といった話し。

子ども達の母親がフレンズのモニカ役の人だった。なつかしー

作った話と似た出来事が起こるのに気づいた主人公は
人生がウマくいくよう創作していくんだけれど
そうは問屋がおろさねーぜっていう、
もうちょっと広がりそうな展開が
タッタカタッタカ流れていくので
もうちょっと見たかったなぁといった
物足りなさが残った。
なんか、もっと面白くなりそうだったのにな。★★★

e0038717_2350378.jpgベッドタイム・ストーリー
大人になりきれない独身中年のスキーター・ブロンソン(アダム・サンドラー)は、幼い甥と姪を寝かしつけるためにハチャメチャなおとぎ話を語って聞かせる。もちろん主人公は自分自身。おまけに、スキーターの話を気に入った子どもたちは興奮して話に割り込み、ストーリーを引っかき回したから、さあ大変!歴史ロマンあり、西部劇あり、SFありと愉快なアイディアがちりばめられた壮大なおとぎ話が、奇想天外なかたちで現実に起こり始めたのだ!
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-11-26 23:58 | 海外映画
<< ストレイト・ストーリー クレイマー、クレイマー >>