山の音

成瀬巳喜男監督作品。

昭和のモノクロ映画。
前回観た映画はカズオ・イシグロさんが原作でしたが
この作品は志賀直哉さん('さん'をつけるの、なんだか違和感)原作です。

問題ありの息子に献身的な嫁。
義父は息子と同じ会社に勤めていて
素行の悪さが手に取るように分かるため
心配して密かに手助けをするのだが・・・
義母は嫁を頼っているが
能天気で、ことを深刻に考えず
一番気楽かもしれない。

とても控えめなので
あからさまではないけれど
義父は息子の美しい嫁に女性として好意を抱いていたのかも。

とても象徴的なシーンですが
嫁役の原節子さんが台所で鼻血をおさえて
流し目になるシーンは艶っぽかった。
義父は心配しつつもガーーンと心打たれた様子。

当然この二人は恋愛に発展しません。
そこがまたいい。

なんだか原節子さんの話し方とかは
昭和の日本版マリリン・モンローみたいだなぁ。
モンローとはタイプが違うけれど
色っぽさがある独特の粘りのあるような声質と話し方が。★★★☆

e0038717_22294749.jpg山の音
戦後間もない鎌倉で息子夫婦と同居する信吾。不実な夫の仕打ちに耐え続ける嫁・菊子を不憫に思い、いろいろと信吾が彼女を気遣う中、菊子の妊娠が発覚する。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-09-20 22:32 | 邦画
<< 旅に出る 日の名残り >>