フェリーニの8 1/2

フェリーニの8 1/2

ん〜情緒があって すごくオシャレ!
'60年のファッションと雰囲気。美しい人たち。
昨日 美容院の人にオススメされた映画です。
あんな雰囲気憧れます。

映画監督の苦悩が中心で
混乱した妄想と、現実が入り交じるので
内容は 少々難解でした。

最後の監督の独り言で
見ている間の ふわふわ〜っとした混乱に
一応の着地がみられます。

題字の書体がオシャレですね。
アートに浸りたい秋にピッタリじゃないでしょうか。

今 モノクロで『'60年』の美感だなぁと
古き良きって感覚で見るのですが
リアルに上映された当時は どんな感じだったんだろうなぁ。★★★

e0038717_1355496.jpgF・フェリーニ監督の代表的作品。映画監督のグイドはある日、自分の体が空中を落下する夢を見る。現実生活の日常に纏わる様々な精神的・肉体的な疲れを癒す為、彼は療養と称して温泉に出掛けるが、そこでも仕事や生活から逃れることが出来ない。そして彼はついに、自分が温泉で余生を過ごしている老人達の中にいるという幻覚を見はじめるが……。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2005-09-25 13:09 | 海外映画
<< 浮雲と浮き雲と オシャレ美容院 >>