張込み

昭和32年を舞台にした
松本清張原作のモノクロ作品。
高峰秀子さんが張込みされる役で出演しています。

おもしろかったぁ〜
ストーリーはタイトル通り
逃亡中の犯人をおいかけ、張込みし
逮捕するまでの話で
ミステリ作家の松本清張さんを想像すると
事件自体、盛り上がりがないので
拍子ぬけするかもしれません。
(松本清張さんの本は読んだことないけれど)

なにがおもしろかったなぁと満足するかっていうと
やはりなんといっても昭和の風景と
俳優をふくめた当時の雰囲気でしょう。
江戸時代からかわっていなさそうな川べりの柳並木道や
木造の家々、現在過疎に直面している田舎とはちがい、
とても活気があって路上市場っていうのか、
今のインドや中国に人種は違うけれど
近い風景があるかもしれない。
俳優たちは無骨なかんじで味がある。
菅井きんさん若い!

ホントにこんな時代があったんだなぁと和みます。
もしこの時代に自分がいたらなんとも思わないだろうけれど。

主人公の刑事たちは横浜から蒸気機関車に乗って
九州の佐賀市まで20時間(!!)。
狭い車両のなかで席がないもんだから通路に座る。
やっと座席に座れたと思ったら、エアコンがないため
窓全開で汗だくになりながらランニング姿。
扇風機が首まわしているけれど、たいっへん!

張込みする宿は扇風機もなくて窓全開で汗だっくだく。
宿の人から氷をもらってかじるシーンなんかは
とてもリアリティがあった。
地球温暖化がさけばれる今年の夏なんか
目じゃないくらい暑そうだ。

そして車の形。
造りもすごくシンプルのよう。
今でいう、4輪駆動の車じゃないと上れなさそうな
舗装されていないピンカーブグニャグニャ満載な道を
けっこうなスピードでかっとばす。
車体がでこぼこ道のたびにポコンポコンとよく跳ねる。
こういうデザインと性能の車、
一種類くらい残しておいてくれればいいのに。揺れすぎて酔うかな。

特典映像の「シネマ紀行」では
映画の風景と現在の風景が観られて興味深い。

ちょっと驚いたのは、通過地点ではあるけれど
自分の故郷、山口県の地名がでたこと。
小郡と下関の駅がチラッと映った。

宿賃が三食付きで650円・・・
物価が10倍くらいちがうんじゃないだろうか。
宿の人に正体がバレないよう、刑事がハッタリをかますのですが
それがちょっと可笑しい展開に。

オープニングタイトルと、
エンディングの「終」が出るタイミングが不思議。
登場人物たちそれぞれの行く末が気になります。★★★★☆

今、うちのそばを神輿が通っている。
「わっしょい、わっしょい」と
威勢のいい声と拍子木の音がきこえる。
日中は子ども神輿が通っていた。

e0038717_17415151.jpg張込み
暑い夏、柚木・下岡の両刑事は佐賀へ向かった。逃亡した深川質屋殺しの二人組みの一人・石井を逮捕するためである。主犯の供述では石井が別れた女・さだ子に会いたがっていたという。わずかな可能性に賭け、さだ子の住む佐賀で両刑事は張込みを始める。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-09-05 18:40 | 邦画
<< ぐるぐるぐるぐるドッカーン! ハタリ! >>