ハタリ!

タイトルとジャケットの画が気になっていた。
もう「なんじゃこれは」感満載。
2時間30分の大作です。

ハタリは危ない!みたいな意味かな。

動物園やサーカスから注文をうけて
野生動物を捕獲する。
動物園で「かわいいなぁ」とか
「こんな生き物いたんだなぁ」とか言っている裏には
こうい仕事があるんだよなぁ。
野生動物だって生きるのに必死なので
死にものぐるいで抵抗する。
サイの攻撃性と足の速さに驚く。
サイとの決闘は柱の一つです。

子像が3匹でてくるのですが
動物園から派遣された女性写真家にすごく懐いて
ついて回るのが可愛らしい。
写真家が走ると必死になってどこまでも後を追う。

500匹の猿を捕獲する
原始的で豪快な作戦(?)は
観ていて引きつつも笑ってしまう。

この映画は半ドキュメンタリーだろう。
なので現実を観て“引いちゃうけれど笑っちゃう”という
相反する感情が生まれます。珍しい感じ。

動物たちの表情をうまく利用して
エンターテイメントな楽しみもある。
ロマンスはなくてもいいかなぁとも思ったけれど
乾燥した土ぼこり舞う大地に
オジジばかりでていたんじゃパッサパサになりすぎるのかな。

大地を激走する車が動物に体当たりされたり
横転したりでボッコボコのうえ
左前のライト部分がなんだかえらく破損しているなぁと思っていたら
左前の部分はイスになっていて
捕獲する時にベルトで固定して座るために作られていた。
爆走するのに人間むき出しでものすごく危険。
俳優たちは実際やってたんだろうか。

昔「野生の王国」ってテレビがあったんだけれど
大好きで毎週観てたなぁと懐かしく思い出した。
あと「わくわく動物ランド」とかね。★★★★☆

e0038717_12412631.jpgハタリ!
アフリカのサバンナを舞台に、スリルとユーモアを織り交ぜて描いたアドベンチャー。野生動物を捕獲するプロハンターの世界に、美しい女性カメラマンが転がり込み…。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-08-31 12:42 | 海外映画
<< 張込み アニー >>