ぼくの伯父さん

よく伺うブログの方が
このサントラをあげてらっしゃったので
気になって借りました。

伯父さんは言葉を発さずほとんど動きで表現する
なんだかチャップリンを思い出した。
オッチョコチョイで
小さいことは気にしない、子どもの味方。近所の人にも人気。
なので子どもは伯父さんが大好きなんだけれど
義理の弟はマイペースな伯父さんにイライラ。

犬たちがよく走って可愛かったなぁ。
首輪してるけど半野良になってるな。

画面の色がドギツくなくて自然な感じがいい。

奥様方の「オホホホ」なつきあいとか
変な魚の形の噴水の水を
お客さんが来たら作動させて
身内とわかったら即切る、みたいな見栄とか
ちょっと可笑しくて笑っちゃった。

街の人たちが皆してよくしゃべるので
にぎやか。
伯父さん、鍵の隠し場所バレバレなんじゃないの?
ふふっとくる笑いが随所にあって
音楽も気楽だし、ゆるやかな感じがよかった。★★★★

e0038717_12492410.jpgぼくの伯父さん
お洒落なセンスとユーモア溢れる脚本で、本国はもちろん日本でも絶大な人気を誇る“ジャック・タチ”。彼の代表作とも言える文明批判の意味を込めて作られたコメディ作品。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-08-17 12:55 | 海外映画
<< 素敵な歌と舟はゆく ジャズ喫茶『喫茶去』 >>