ラジオ・デイズ

テレビがまだ家になかった頃
ラジオが娯楽の中心だった。

んーむ、なんだかすごくよかった。
親戚もジィジバァバもいっしょの家に住んでいて
けして裕福じゃないけれど
狭い空間でみんなが楽しげ。
ラジオで腹話術て・・・
火星人て。ずれた感じが可笑しい。
音だけなので想像力をかき立てられますね。

およそ半世紀前を舞台にしていて
色あせた感じが(茶色とか黄土色が多い)
懐古的でたまらんなぁ。

ラジオのこっち側と向こう側
どちらもなかなか楽しいですね。
第二次世界大戦が始まり
ラジオの内容も変化しても
存在感は変わらない。
世界の窓といいますか。

今もラジオはいいもんです。
自分はJ-WAVEがお気に入り。
お気に入り番組、ありますか? ★★★★★

今やってるNHKドラマ「つばさ」では
埼玉県のローカルFMラジオが舞台ですね。(多部未華子さんが可愛らしい)
e0038717_18441437.jpgラジオ・デイズ
すべての中心がラジオだった時代。ショービジネス界の噂、スポーツ小話、初恋のこと、結婚のチャンスがなくデートを繰り返すビー叔母さん、セクシーな学校の代理教員、海岸で目撃したナチの潜水艦……。
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-07-19 18:52 | 海外映画
<< iGoogleだとかRSSだとか ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 >>