センター・オブ・ジ・アース

ジュール・ヴェルヌの小説を元に
現代風にアレンジ(?)。

アドベンチャーものもSFものも好きなのに
なんでかこの映画には入り込めなかった。
もうちょっと違う展開があるかもと
期待しすぎたのかなぁ。
それとも、大人になった哀しさなのか。
言っちゃいけないはずの「んなバカな〜」を
幾度か言ってしまいました。

作品によっては「現実に対しての、架空世界んなバカな展開」は
まるごと受け入れられるのに。
たとえば、「ナイト・ミュージアム」とか
「ナショナル・トレジャー」(“ニコケイ”大活躍)とか
「ハムナプトラ」とか「ジュラシック・パーク」とか。
忘れちゃいけない「インディ・ジョーンズ」も。

なんでかなぁ。
やっぱ危険をくぐりぬけた吊り橋効果的恋愛発展も
いまいち釈然としないのか。
おもいっきりCGアニメの光る小鳥も原因か。
CG映像とリアルな人の違和感が
より現実感を増したのかも。
オトナの汚れた心です。★★☆

e0038717_1113868.jpgセンター・オブ・ジ・アース
地球内部の研究を行っていた大学教授のトレバーは、ある日、甥っ子のショーンを預かることに。ショーンの愛読書「地底旅行」の中に、失踪した地質学者の兄が書き記したメモを発見したトレバーは、そこに謎が隠されてると考えショーンとアイスランドへ。兄が地震センサーを残したスネフェル山へ山岳ガイドのハンナと向かうが、3人は落雷に遭って洞窟に閉じこめられてしまう。脱出を試みる彼らだったが、地中へ続く穴に落ちてしまい…。

[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-06-28 11:19 | 海外映画
<< 昼下がりや雨の日に おじいさん先生 熱闘篇vol.1 >>