ミルコのひかり

事故の後遺症で突然視力を失ったミルコ。
盲人学校に通う事になるが
目が見えない生活と新しい寮生活になじめないでいた。

困難を越えてアクティブに自分の世界を広げていく
ミルコの新鮮で刺激的な取り組みに
どんどん周りを巻き込んで皆が活き活きしていく感じが
すっごくよかった。
ある資源で、うまいぐあいに やり繰りして音を探す。

教員室にテープをこっそり探しに行く時
親友のフェリーチェに協力をお願いするんだけれど
「危ない橋を渡らせる奴だ」と肩を組むシーンが
スゴくかわいい。
大人っぽいセリフとしょうがねぇなぁ、でも嫌じゃないぜ。な感じが。
恋もしちゃって、んもぉオマセだなぁ。

こっそり抜け出して見つかんない人っているなぁ。
スッといつの間にかその場から退場できるって
ちょっとした才能のような気がする。
臆病ではできないことだ。

親の愛情と理解ある先生がいてくれてよかった。
途中であう外部の大人との出会いも
子どもだけじゃなし得なかったことに力になってくれた。
子ども達の楽しげな感じがすごくよかったな。

実話を元にしているということで
モデルになったミルコのその後もテキストで触れられる。
行動力が気持ちよくて、すごくよかったなぁ。★★★★★

「太陽は、ぼくの瞳」って作品を思い出した。
視力を失った子どもが主人公だったよなぁと
自分の過去記録を探したら
覚えていないけれど、こっちは哀しい結末だったようだ。


e0038717_1583793.jpgミルコのひかり
イタリア映画界で活躍する盲目のサウンドデザイナー、ミルコ・メンカッチの少年時代の実話に基づく感動ドラマ。不慮の事故で両目の視力を失った10歳の少年・ミルコは、1台のテープレコーダーを見付けたことから、音を通して生きる喜びを見出していく。

[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-05-24 15:22 | 海外映画
<< 青豆と天吾? 赤い風船/白い馬 >>