愛おしき隣人

随分前に見たうえに
見ていた時、激しい眠気と闘っていたので
殆ど内容を覚えていない作品。

なんか不思議な、、新婚さんの新居アパートの窓の外、
景色が車窓みたいに流れていて
景色が止まると窓の外に知らない人たちが
新婚夫婦を祝福するために集まっている。
口々におめでとうの言葉をかける。
外から見てもアパートは移動していて、
隣の部屋に当然人が住んでいる。
・・・なんだか分かんないでしょう?
分かんないんです。
だけれどリラックスできる映画でした。

外国の雨の風景って
なんであんなに雰囲気があるんだろう。★★★☆

e0038717_22561375.jpg愛おしき隣人
北欧のとある街の住人たち。ロックスターとの結婚を夢見る少女。世界で一番ついてない夫婦。誰からも愛された事のない男。「誰も私を理解してくれない!」と泣き叫び、歌い出す女。困窮した家計を静かに嘆く精神科医…。一生懸命に生きているけど、今日もやっぱりついてない。そんな住人たちが集う、とあるバー。一日の終わりに、バーテンダーは言う。「ラストオーダー、また明日があるよ!」ユーモラスな音楽に乗せて、とぼけた笑いと、圧倒的オリジナリティで普遍的な人間愛を描く!
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-05-17 23:01 | 海外映画
<< 旅するジーンズと16歳の夏 アニー・リーボヴィッツ >>