僕らのミライへ逆回転

ジャック・ブラック主演というだけで
観てみたくなった作品ですが
キュート不思議映画“恋愛睡眠のすすめ”の
ミシェル・ゴンドリーが監督とくれば
より期待しちゃうというものです。

一言でいうと『災い転じて福となす』がテーマの映画。

映画。と言い切っていいもんか。
様々な「んな、まさか要素」を織り込み
最後はちょっと切なくなったりするので
万事が万事、福に転じたわけじゃないけれど
苦肉の策が、苦し紛れに好転するのは
観ていて笑っちゃったなぁ。

しかもオリジナル作品を知っていれば
更に楽しみの要素になります。

期待の一つであった
独特な映像の遊びが時々にあってよかった。★★★★

スクール・オブ・ロックのデューイ先生が
仕事にあぶれていたら
ジェリーと同じ事をしても違和感ないな。

e0038717_17532839.jpg僕らのミライへ逆回転
トラブルメーカーのジェリーとつぶれかけたレンタルビデオ店の店員マイクは幼なじみ。ある日突然、店のビデオから映像が消える事件が発生。何と、発電所で感電し超強力な電磁波を帯びてしまったジェリーが全ビデオを駄目にしてしまったのだ。慌てた二人は苦肉の策で、『ゴーストバスターズ』『ラッシュアワー 2』など消えた映画を自作自演で作り直す羽目に。しかし、驚くことにその手作りリメイク映画が町の人たちの間で大評判となり、店には長い行列が…
[PR]
by ukigumo-kaza | 2009-04-26 17:56 | 海外映画
<< ミュージック・オブ・ハート 新年度の“限界”灘 >>